« 2019年2月 | トップページ

2020年2月の記事

2020年2月14日 (金)

Ad Astra; The Story of Father and Son

I watched "Ad Astra" last fall.  It was very memorable and left a deep impression inside me.  I felt it was more the story of a father and a son or the true separation from what was lost than a science fiction movie.  

There was a scene I wanted to check, so I purchased the BD (Blue-ray Disc) and watched it repeatedly.  In particular, I wanted to watch the farewell scene of the father and son in outer space.  Who cut off the lifeline?  It would be natural to assume that the father did it, but the son may have done it with mercy.  (In fact, when I first watched it in the cinema, it seemed to me as if the son had cut, and I was surprised.)  It's a theme with similarities found in Greek mythology, but even after watching it on BD many times, the father seemed to unhook the lifeline rope as well.  But I have come to think either answer is good.  

Nevertheless, I found an important message in the director's interview  on the BD bonus track.  The story of this movie reflects his private life.   I learned that this story appears to have been influenced by his mother who died when he was young.  Knowing this, I felt I understood the story.  By the way, I am a Japanese composer and have written an opera.  Morihide Katayama, a famous Japanese music critic, states in his recent work that some of the important Japanese operas are self-portraits of the composers.  I agree with him.  

I think "Ad Astra" is probably James Grey's self-portrait, and the movie has been successful in providing suggestions for my inner tasks and for those tasks of other people in similar circumstances. 

 

映画『アド・アストラ』を昨秋観た。とても心に残った。私にはSF映画と言うより父と子の物語、あるいは失われたものとの真の別れについての映画に思えた。

確認したい場面があったので、最近BD(ブルーレイ)を購入して繰り返し観た。特に観たかったのは最後の方、父と子の宇宙空間での別れのシーン。命綱を切り離したのはどちらだったのか。父と思うのが自然だが、ひょっとしたら慈悲によって子がやったのかもしれない。(実際、映画館で最初に見たとき、私には息子が切り離したように見えてハッとさせられたのだ。)ギリシャ神話にも通じるテーマだが、BDで確認したらやはり父が外したようだった。しかし私は、どちらでもよかったのだ、と思うようになった。

代わりにBDのボーナストラック、監督のインタビューに重要なメッセージがあった。この物語には、彼の個人的な人生が反映されているということ。彼が若い頃に亡くなった母が反映されているらしいことを知った。これを知って私は得心した。私は日本の作曲家でオペラを書いたこともあるのだが、日本の著名な音楽評論家である片山杜秀氏は最近の著書で、日本の重要なオペラのいくつかは作曲家の自画像である、という趣旨を述べている。私はこれに同意する。

『アド・アストラ』はおそらくジェームズ・グレイの自画像であり、その作品は私の、そして同じような人々の内的課題に示唆を与えることに成功していると、私は思う。

| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ