« 東京リーダーターフェル委嘱《季節よ、城よ…》について | トップページ | 『丸山泰雄チェロ・ライヴ!』寄稿プログラムノート »

2016年9月11日 (日)

札幌混声合唱団委嘱《タプカル・キ・キ 》作曲ノート

こちらは先日初演の新作の作曲ノートです。さっそくですがブログに挙げておきます。

札幌混声合唱団創立25周年委嘱
《タプカル・キ・キ — アイヌの語りつぎ 混声合唱組曲— 》について

この作品は札幌混声合唱団の委嘱により作曲した、アカペラ合唱組曲です。本年は団創立25周年にあたるとのこと、札幌混声合唱団にまず心よりのお祝いを申し上げます。
7月、本作の練習に立ち合わせていただくために札幌にまいりました。昨年の定演では札幌混声さんは正確な音程による美しいハーモニーと豊かな旋律表現が印象的な合唱団でしたが、今回は新作のやや凝った合唱書法もすばらしい声で歌っておられ、音楽に向かう皆さんのまっすぐなご姿勢に接することができました。また数年前の東京混声合唱団委嘱新作で出会えた陣内直氏のエネルギーに満ちた音楽解釈・指揮にも、作曲者として大きな期待を抱いている次第です。

さて副題が示す通り、本作はアイヌの民族素材によっています。第一曲、第二曲では現地で採譜された民謡を、第三曲では知里幸惠編訳『アイヌ神謡集』をテキストとして用いています。北海道人でない私がなぜアイヌの民族素材によって作曲するに至ったかを、少し記します。
私は西洋クラシック音楽分野の人間ですが、創作活動は沖縄民謡を素材とした作曲でスタートさせました。私は和歌山出身です。遠い沖縄文化になぜ魅かれたのか。琴線に響くものがあった、としか申せません。音楽に魅かれたのはもちろんですが、沖縄の風土と歴史の持つ、底抜けの明るさと悲しさに共感した、とも思います。
北海道アイヌ民族には、沖縄以上の厳しい歴史があります。またその歴史を反映してか、伝統芸能に関する資料は沖縄に比して限られているようです。そしてさらに、アイヌ文化に取材しすばらしい作曲を成した方がすでにおられました。私の師の師にあたる伊福部昭氏です。そんな理由から、沖縄との出会いが電撃に打たれたようであったのに対して、私のアイヌへの思いは共感の深まりと逡巡を経ながら、長い時間をかけて高まってきたように思います。
二つの文化に共通する点はあると思います。誤解を恐れず記すならば、どちらも豊かな自然環境に恵まれながら、日本という国においてマイノリティーの一面を持つところです。しかし私は、おそらくそこに魅かれたのだと思います。社会的強者に芸術はさほど重要ではありません。むしろ弱者の心の陰影を表現することが芸術の役割なのではあるまいか。
アイヌ文化を調べていると安易な感情移入はできなくなります。彼らの魂は私たちのそれよりずっと、静やかで慎ましいものだったろうと感じます。彼らの神は天上に在るのではなく、身近なトリカブトや雀やカワウソたちに姿を変えて顕れていました。そして彼らの魂の風景は、民謡採譜資料や知里氏の著作に遺されていると感じました。アイヌの世界は、沖縄音楽に心打たれた私がいつかは訪れるべきところだったと、いま感じております。

以下、各曲について記します。
1. 〈タプカル・キ・キ〉…「アイヌの早口言葉うた」という副題がついています。十勝と静内で採譜された“ホウジロガモの早口言葉”“パイカイ・カムイの呪文”“雀遊び”の素材を用いています。円陣を組んで遊んだり、酒を飲み踊ったり、また突如トランス状態になったりと、変化の激しい曲です。
2. 〈ハント・ワッカ〉…「トリカブトと雀の神謡」との副題があります。こちらは静内の採譜によっています。呟くような短いモチーフを歌い継いでいきます。中間部は軽やかな輪唱スタイルで。野草や小鳥も、清冽な風土のなかでみずみずしく輝いているようです。
3. 二つの小曲から成っています。前半フクロウの神謡〈銀の滴 降る降るまわりに〉はあまりに有名で、説明の要はないでしょう。attaccaで続く後半〈カッパ・レウレウ・カッパ〉では、カワウソの滑稽な悪戯の様子が歌われます。
この終曲ではアイヌ語原詩と日本語訳詩の両方を、語り歌うように進んでいきます。始めはアイヌ語でひと語りしてから対訳が続きますが、徐々に呼応の速度を上げてアイヌ語に日本語がかぶったりその逆になったり、また互いに表情をつけて演じたりもします。(ただし知里氏各編の全体ではなく、それぞれの一部を用いています。)

|

« 東京リーダーターフェル委嘱《季節よ、城よ…》について | トップページ | 『丸山泰雄チェロ・ライヴ!』寄稿プログラムノート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215902/64188347

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌混声合唱団委嘱《タプカル・キ・キ 》作曲ノート:

« 東京リーダーターフェル委嘱《季節よ、城よ…》について | トップページ | 『丸山泰雄チェロ・ライヴ!』寄稿プログラムノート »