« 今度は地方まわり | トップページ | 西へ東へ、そして南へ »

2009年6月 9日 (火)

久しぶりで

ブログで毒づいてしまう。
すると東北方面から激励(?)のコメント書き込みが入る。なんというタイミングでしょう、うるうる。
S藤先生ありがとうございます、とてもうれしかったです。

女声合唱団パパラチアと女声合唱団マリアベルハーモニーの皆さんが、《紀州うた拍子》のなかでも〈柿採り唄〉を選んで下さったことも、驚きながら喜んでいる。なぜならこの曲には実は和太鼓が入るのだな(ひぇぇ)、だから生半可な意気込みでは上演の実現は難しいのだよ。
同組曲のなかでも〈トンボ〉〈くすぐり〉は昨年あたりから各地でちょくちょく演奏されている事は、このブログでも報告している通り(一昨日も和歌山の中学の合唱指揮者の先生から「こないだ〈トンボ〉やりました」と伺った)だが、パパラチア&マリアベルハーモニーは〈柿採り唄〉を加えて、もう5月の合唱祭で歌って下さり、さらに6月14日の『おかあさんコーラス東北大会」でも歌っていただけるとのこと。
誠にうれしい限りである。
S藤先生とパパラチア&マリアベルハーモニーの皆さんのご健闘を、関西より心からお祈りしています。
がんばってくださいね!

それにしてもブログというのはありがたいものだな、こんな風なコミュニケーションがあったりするものだから、ついついグチグチ日記を書き続けている。
前回のように毒づきながら、かくいうワタクシも実はひとを傷つけている。時に不可避なことと自分では思うが、やはり後味はきわめて悪い。だからといってどうにもならない、そんな事が人生には少なくないのだが…。

本日はS脇先生&エオリアンとのCD制作打ち合わせ。
一人暮らしの朝というのもなかなか忙しいもので、自宅からタクシーをとばして待ち合わせ場所に2分遅刻で到着(態度わりぃーね)。
西北のおしゃれなイタリアン・ランチを食しながら、打ち合わせは粛々と進む。
エオリアンのみなさんはいつも段取りがよいので(ワタクシは今回はいささか後追い気味で)、だんだんと企画は形になっていく。
次は企画書をまとめなければならない。だが、きっとうまく進んで行くことだろう。

|

« 今度は地方まわり | トップページ | 西へ東へ、そして南へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215902/45289077

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりで:

« 今度は地方まわり | トップページ | 西へ東へ、そして南へ »