« 久しぶりで | トップページ | 曲書きの心理について »

2009年6月15日 (月)

西へ東へ、そして南へ

近畿圏を東奔西走する週末&週明け二週目。

土曜は神戸文化ホールの『兵庫県合唱祭』へ。女声合唱団エオリアンによる《ハッシャバイ・ソングス》と《わらべうたのカタログ》を聴きにいく。
会場についてみると、プログラムに「お母さんコーラス兵庫大会」と書いてある。そ、そうか。ただの合唱祭じゃなかった。〈ややこら眠れ〉と〈であるとあるで〉の2曲でもって全国大会出場をねらう洲脇光一先生とエオリアンだったのである。ワタクシは曲を書いただけではあるが、なんだか責任を感じてしまう、うぅぅ…。
プログラムを繰っていると、翌日曜出場の宝塚少年少女合唱団がやはり〈であるとあるで〉を歌ってくださるようである。これは初耳、うれしいことである。

さてエオリアンと洲脇先生の登場。
〈ややこら眠れ〉最初のピアノの入りはなかなかタイト。子守歌の曲調としては思い切った演奏で、皆さんの"気合い"が感じられる。洲脇先生の指揮は緻密である。しかしエオリアンにはプレッシャーからか(全国大会出場の常連だからね)いささか緊張(?)も感じられる。
続く〈であるとあるで〉はエオリアンの持ち歌である。初演よりもまた伊丹の再演よりも、さらに完成度は高くなってきている。

ホールを後にしてしばらく歩いて、モザイクで食事しながらコンクール結果を待つ。しかしなかなか連絡が入らない。これはひょっとしてダメだったかなといささか意気消沈して電車に乗る。
と、「代表に選ばれました。全国大会は松山、石黒作品をまた歌えます」とのメールがS須さんから入る。もちろんすぐにお祝いメールをお返しする。
女声合唱団エオリアン、あらためておめでとうございます!洲脇先生ありがとうございます。
エオリアンのみなさん、全国大会では、ぜひのびのびと歌ってくださいね〜。

さて翌日は5時起き。近畿の東、栗東市へ向かう。
先週の『和歌山県合唱祭』に続いて、今年は『滋賀県合唱祭』からもお声がけをいただいたからである。

栗東は最近「全国住みやすさ第1位」に選ばれた町である。ほぉぉ。
駅を降り立つと、ロックガーデンのある美しいロータリーが出迎えてくれる。なるほどさすが…。
早く着きすぎたので、駅前の公衆トイレに入る(ごめんなさいビロウな話で)。
すると休日早朝にもかかわらず、このトイレがとてもきれい、いや清潔。水量もさすが琵琶湖のほとりだけあって、誠に豊か。
感心しながらファースト・フード店を探す(何しろ5時起きで朝食抜きだったんです)。すると、駅前のMクドやらはまだしっかりClosed!おーい、もう8時半ですよ。
開いているのはスーパーひとつと、散髪屋さんがなぜか(こっちは)2件。
ううむ、とても健全。さすが住みやすい町ナンバー1だけの事はある。

しょうがないのでぶらぶら歩いていると、もうさきらホールに到着。
それから11時間、なんと出場55団体のタフな合唱祭が始まったのである。
途中経過についてはもちろん書けないが、ともかく「お母さんコーラス全国大会」の代表は女声合唱彦根水すましと伊藤光子先生に決定したのである。
同団の演奏曲目は、新実さんの〈爽やかな五月に〉とワタクシの《わらべうたのカタログ》より〈まんだらうた〉であった。
彦根水すましのみなさん、あらためてお祝い申し上げます!伊藤先生ありがとうございます。
水すましのみなさん、講評は少し辛くてごめんなさい(ワタクシの講評をきいてこれは落ちたと思ったそうである)。でも皆さんのステージ、実は感動してました。

帰りの電車では、審査員仲間の声楽家A井先生とご一緒させていただく。気さくでお美しいA井先生と四方山話で盛り上がる。(ちなみに先生はKC卒でした)
帰宅は11時過ぎ。ふう。

実はこの日『お母さんコーラス東北大会』が天童市で開催されており、女声合唱団パパラチア&女声合唱団マリアベルハーモニーが、《紀州うた拍子》より「トンボ」「くすぐり」「柿採り唄」を歌って下さっているはずである。
こちらの結果はどうだったか、それも気になっております…。

明けて週明けの月曜は教育実習校訪問日。
朝8時に甲子園を出発して、西九条→新今宮→栂・美木多(とがみきた、と読むのだよ)→タクシー→N中学校、そしてタクシー→栂・美木多→天下茶屋→泉大津→タクシー→T中学校、フラフラになって、タクシー→泉大津→新今宮→西九条→尼崎→甲子園と乗り継いで、最後はバスで夕刻の仕事場に帰宅したのでありました。

三日間の長旅、ふうぅ…。

|

« 久しぶりで | トップページ | 曲書きの心理について »

コメント

滋賀代表はいつもITOさんの傘下栗東&彦根ですね
音楽の世界は政治と同じ真似ーなのですね

投稿: 王子 | 2009年7月 5日 (日) 21時30分

先ほどのコメントはとても軽率なものでした
たいへん失礼なことをしてしまいました
申し訳ありません

投稿: 王子 | 2009年7月 5日 (日) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215902/45319828

この記事へのトラックバック一覧です: 西へ東へ、そして南へ:

« 久しぶりで | トップページ | 曲書きの心理について »